はじめに筆者から

はじめましての方も、そうでない方もこんにちは。

サイト運営者のんべえです。

運営者プロフィールにも書いてある通り、私は魚料理がメインの投稿になります。

主に、寿司、刺身、汁物をメインに投稿していこうと考えておりまっす!合わせて魚のさばきかたや料理法についても投稿していきます。

私は魚に注力して、他のメニュー(肉料理、野菜料理、その他)は別メンバーに任せようと思っていますので、よろしくお願いします。

ここで終わるのもアレなので、私の魚に対する思いというか、ぼんやりと考えていることを軽く書いておきます。興味のある方はお付き合いください。

やっぱり魚料理は美味しい

勘違いのないように最初に書いておくと、これは肉より魚がいいという主張ではありません。

肉料理はもちろん美味しいですし、私も好んで食べています。ここで私が言いたいことは、

「みんなが思っているより魚料理は美味しい」

ということです。

刺身や寿司を好んで食べる人たちは、「魚が美味しいことくらいわかっている」と思ったことでしょう。

刺身や寿司、たしかに美味しいですよね。でも魚料理ってそれだけじゃない。ざっと思いついただけでも、

  • 刺身・寿司
  • 煮つけ・から揚げ・塩焼き
  • ムニエル・天ぷら・フライ
  • 汁物・お茶漬け・吸い物

色々な食べ方があります。今挙げたものは10秒くらいで考えたものなので、他にもあるでしょう。

これだけ色々な食べ方がある中で、

刺身・寿司は好きだけど、塩焼き・煮つけは嫌い

とか、

マグロ・カンパチ・サーモンは好きだけど、アジとかサバは嫌い

こんな意見も多く耳にします。これはネット上で見かけたものではなく、私が実際に耳にした言葉です。

このような意見を聞いて私はいつも思うのです。

あ、それ分かる~。

と、ね。

居酒屋や回転寿司で食べる刺身や寿司というのは、マグロ・サーモン・カンパチなどの無難なネタ。

これらはシャリと一緒に食べたり、鹿児島では甘い醤油やわさびと一緒にいただくので、そこまで素材にこだわらなくても(もちろん一部の通な人は例外です)普通に美味しく食べられます。

でも、塩焼きや煮つけになると話は違ってきます。

刺身や寿司は養殖物や解凍モノをつかって無難なものを用意できますが、塩焼きや煮つけとなると「素材」がダメだとどうしようもない。

同様に、マグロ・カンパチ・サーモンは好きだけど、アジやサバは嫌い。これも同じ理由です。

これは前者の3品は解凍や養殖モノなので一定の品質で仕入れることが可能ですが、アジやサバなど青物になると話が違います。

目利きが必要ですし鮮度はもちろん、処理や調理法で味が変わってくる。

つまりは、解凍モノ・養殖物を使用しない魚料理は素材がすべてということになります。

身近なモノで例えると、どれだけ良い動画や写真を撮ろうとしても、写真や動画を撮るiPhoneやカメラの機能(素材)が低いと良いモノは出来上がらないってことですね。

そこで聞きたい。あなたがキライだと思い込んでいる魚は本当に美味しくないのか?

ここで「はい」と答えた人のために、このサイトをつくったのです。

しっかりと目利きのできる水産業者から魚をわけてもらって、調理法を知れば、苦手な魚は克服できます。

克服できるというか、あなたが思っている嫌いな魚は、ディスカウント店が低価格で販売するために品質を無視して売っている美味しくない魚の可能性が高い。

大丈夫。魚料理は本当は美味しいですよ。

これを当サイトで必ず証明しようと思う

このサイトでは魚の選び方から調理法、調理の手順までしっかりと解説していこうと思っています。※メンバー全員ではなく私がです。

食べ方や調理の手順、料理法で、あなたが思っているより魚料理は美味しいものになる。

それらを広めることで、もっと食卓に魚が並んでくれたらうれしいし、そして何より家庭で料理できる人が増えることで、家庭の食卓が今より豊かになることを望んでいます。

それでは今後の投稿を楽しみにしていてくださいな☆

筆者のどうでもいい話
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
のんべえをフォローする
おうちでご飯.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました