クロホシフエダイの刺身・寿司のつくり方

前回の記事では三枚おろしまでを解説しましたが、この記事では刺身・寿司のつくり方について書きます。

クロホシフエダイの刺身・寿司のつくり方

三枚におろしてあれば、あとは以下の手順で完成します。

  1. 皮をひく
  2. 刺身や寿司ネタに切り付ける

以上で完了です。ただ、刺身であれば盛り付ける必要がありますし、寿司ならにぎる必要がありますが。

皮をひく

まずは皮をひきます。腹骨をとるのと同様に皮引きも難しいですが、これは数をこなして慣れるしかありません…。

皮の引き方も色々な方法がありますが、正しい方法はないので綺麗に仕上がる手法を選択しましょう。自分のやりやすい方法が一番です。

刺身にひく

刺身は平造りにします。包丁を根元から刃先まで使って半月を書くように切る方法です。

詳しくは動画をごらんください。

寿司ネタに切り付ける

寿司ネタはそぎ切りにします。指4本より少し長いくらいの大きさに切ると仕上がりが綺麗です。

こちらも根元から刃先まで使って切り付けます。

ただ、最終的には自分の好みの大きさに切ればいいので、とりあえず作ってみて大きさを決めるといいでしょう。

にぎる

寿司にするのなら最後ににぎります。

こんなこと書くと怒られそうですが、頻繁に握っていれば、それなりに形にはなってきます。

ネット上の握り方を参考にしながら最初は丁寧に握るといいでしょう。

クロホシフエダイの三枚おろしも解説しているので、そちらも参考にしてください。

クロホシフエダイのさばき方を画像・動画つきで解説します

魚のさばき方
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
のんべえをフォローする
おうちでご飯.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました