アジの三枚おろしを画像・動画つきで徹底解説!これが基本の三枚おろし

この記事ではアジの基本的な三枚おろしを解説します。

魚は色々なおろし方があり、どれが正解とは言えませんが、ここで解説する手順は基本中の基本なので覚えて損することはありません。

テキストでは伝わらないことも動画では伝わるかも?気に入ったらチャンネル登録もお願いします♪

アジの三枚おろし

手順は以下の順になります。

  1. ゼイゴ・ウロコをとりのぞく
  2. 頭をおとし内臓を取りのぞき水洗い
  3. まな板・魚についた水分を拭き取る
  4. 三枚におろす
  5. 腹骨(ガンバラ)をはずす
  6. 骨を抜く

1.ゼイゴ・ウロコを取り除く

まずはゼイゴを取りのぞきます。ゼイゴとは尻尾から頭のほうに入っているギザギザの部分。

取り方は尻尾側から包丁をいれ、頭のほうへ向かって取っていきます。取る際は以下のことを意識してください。

力を入れずに包丁を前後させ進めること、そして包丁は軽く上向きにする。

続いてウロコを落とします。大きな魚になると専用のウロコ取が必要ですが、アジやサバなどは包丁で取ることができます。

2.頭をおとして内臓をとりのぞき水洗い

次に胸ヒレの横から包丁をいれ頭をおとします。

頭をおとしたら腹を切りひらき内臓を取りのぞきます。その後、包丁の刃先をつかって血合いの膜に切り込みをいれます。

ここで血合いに切り込みをいれておくことで、血合いを綺麗にとりのぞくことができます。

最後に流水で洗います。血合いは楊枝を束ねたものや歯ブラシをつかうと綺麗にとれます。

3.まな板・魚についた水分をふきとる

ここで、まな板・魚についた水分を清潔なタオルやペーパーで拭き取ります。

そして水を使うのはここまで。ここから先の作業に水は不要です。

4.三枚におろす

いよいよ三枚におろします。尻尾を左におき、腹⇒背の順に包丁をいれます。

うまくおろすコツは1刀目は皮だけ切るイメージで線をいれ、2刀目で中骨まで刃先が届くようにしっかり包丁を入れます。

このとき力は入れず、包丁を滑らすイメージです。必要以上に力を入れるとケガにつながるので注意。

腹側、背側にしっかりと包丁が入ったら、尻尾側を指でつまんで持ち上げ、包丁を入れます。

まずは尻尾側に刃先をむけて入れ、続いて頭側に刃先をむけて頭のほうへ滑らせます。

反対の身は手順が逆で、背⇒腹と包丁をいれていきます。

これで三枚おろしの完成です。

腹骨(ガンバラ)をはずす

三枚おろしはうまくできるけど、腹骨を外すのが苦手な人は意外とおおいです。

これはもう慣れるしかないですね…。

最近ではスーパーでも魚屋さんでも調理のサービスは当たり前になっているので、どうしても苦手な人は購入するときに調理してもらうのがベストかも知れません。

骨を抜く

最後に骨をぬきます。アジの骨は他のさかなと比べると割と抜きやすいので、小さなお子さんに食べさせるのなら抜いておきましょう。

アジの三枚おろしは以上で完成です。お疲れさまでした。

三枚におろした後の調理法や料理法は書き次第リンクを貼っていきます。参考にしてください。

アジフライのつくり方を投稿しました。
アジフライのつくり方を画像、動画を交えて丁寧に解説するよ!

魚のさばき方
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
のんべえをフォローする
おうちでご飯.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました