転職後に後悔して「前の会社に戻りたい」と思わないためにも。

労働環境、賃金、将来性、人間関係、理由は様々ですが現状に満足できなくて転職を考える方は多いでしょう。

でも、私が勤めていた会社もそうでしたが、今の会社に見切りをつけて転職した人たちが「出戻り」する姿も頻繁に目にしてきました。

その理由は「転職先が思っていたのと違っていた」こと。

実際に働いてみると「話が違う」なんてことは珍しくもなく、職業安定所や求人サイトに書いてある条件通りなことが稀なくらい。

それくらいのことは想定しなければならないのですが、それすら考えずに転職してしまう。

その結果、後悔することになるのです。

後悔しない転職をするためにはどうすれば良いのでしょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職で後悔しないために

転職で後悔しないために考えることは1つだけだと私は思っています。

「会社を辞めることが目的になってしまわないようにする」

これだけで転職先で後悔しない確率はグンと上がります。

今の会社に満足していないのは分かります。そして「出来るだけ早く会社を辞めたい」と考えるのも分かります。

でも、転職や退職というのは、自分の未来をよくするための手段であって目的ではありません。

退職や転職が目的になってしまうと「単純に会社を辞めたいから辞めただけ」の状態に。

こうなってしまうと「とにかく仕事先を見つけないと」と考え安易に転職先をえらんでしまい、満足できなかった会社より劣悪な環境になってしまうことがあります。

まさに本末転倒です。

結果として「前の会社に戻りたい」と思ってしまう

以前の会社より劣悪な環境になってしまうのですから「前の会社に戻りたい」と思うのは当然なのかも知れません。

しかし、退職した会社に戻るリスクは非常に大きいと言えます。なぜなら退職前と同じ条件で働くことは出来ないことの方が多いからです。

退職することにより積み上げた信用が下がるのは当然のことです。

「会社を辞めること」が目的になってしまい転職したものの、さらに劣悪な環境になり「前の会社に戻りたい」となる。

戻れたものの以前より環境は悪くなっているという。

まさに「良いことなし」状態。これを防ぐためにも

どんな不満を解消したいのか

これを明確にしておく必要があります。

今の会社の「どんなところ」に不満があるのか、人間関係、給与、労働環境、将来性、色々あるでしょうが、それを明確にしておく。

人間関係に関しては実際に働いてみないと分かりませんが、給与や将来性、労働環境は事前に調査できるはずです。

今ではネットでの口コミも確認できますし、実際に働いている人の意見も見ることができる企業もあります。

それらを活用しない理由はありません。

現状でどんな不満があり、どうなりたいのかを明確して、転職先を見つけることが後悔しない転職につながります。

せっかくリスクを取って転職するだから後悔しないように

今の労働環境に満足いかないので「とにかく早く辞めたい」という気持ちは分かりますが、転職先はしっかりと選ばなければなりません。

そういう人にとっては今は良い時代になりましたよね。

在職中でもスマホで求人は見ることができるし、自分に合った求人だけをピックアップすることもできますもんね。

気持ちは分かりますが、焦らず、落ち着いて、転職先を見つけることが後悔しないコツかも知れませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク