仕事で上司がうざくてストレスに!そんな上司との付き合い方と対処法

bsYUKA150701098532

いますよね~嫌な上司、うざい上司って。

そもそも人を育てられない人間が上司になっている現状ですから、上司とのトラブルが出るのは当然の結果といえますがね。これも時代の流れなんでしょう。

さて、上司がうざくてたまらない!場合の対処法と、付き合い方を伝授したいと思います。

明日から上司との付き合い方が変わるかもしれません。まずはウザイ上司あるあるから行ってみましょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

嫌な上司とはどんな上司?上司あるあるを考えてみよう

嫌な上司といえば具体的にどんな上司がいるのでしょう?

やたらと細かく説教が好き

ウザイ上司の特徴に、細かい、説教が好きな上司が考えられますよね。

正直、すっげぇウザイですよね。特に自分は仕事できないのに部下の仕事のチェックだけ細かい上司、分かります、僕もこんな上司に出くわしたことあります。

しかも、こういう上司に限って説教が好きだったりします。自分は仕事ができると思い込んでいて、部下の仕事のチェックだけは欠かさない。しかも気分屋で、機嫌が悪いときには最悪ですよね・・・・。

細かいことでネチネチ言う、機嫌が悪いと説教する上司は最悪です

SNSやメール、ラインでやたらと干渉してくる上司

時代はすっかりとメールからSNSでのやり取りに変わりました。

特にライン、facebook、Twitterなどは普及し、職場だけしか付き合いたくない上司でも嫌でもSNSでの絡みが発生する時代になりました。

SNS疲れなんて言葉もうまれました。上司からSNSアカウント、メールアドレス聞かれるのってストレスですよね笑

仲の良い上司なら別ですが、ウザイ上司に聞かれた日には最悪です。せっかくのSNSも楽しく使えなくなっちゃいますよね。

仕事上の上司だからとSNS、メールでやり取りしてくる上司はウザイ以外の何者でもありません。上司のあなた、ドキッとしてませんか

自分の良いたいことは言えず仕返しに無視する上司

これは女性が多い会社に多いかもしれません。

特にお局様なんて呼ばれる、若い子達からするとおばさんになる上司ですね。男性でも同様で、自分の言いたいことはしまっておいて無視などで仕返しする人もいるようです。

同じ男としては考えられませんが・・・・。しかし、実際にこんな上司がいるのも事実で、悩んでいる方は相当数いらっしゃるようです。

仕事で無視されることほど精神的な苦痛はなく、無視されても平気なんて人は逆におかしいとすら思います。そんなことはないんでしょうがね。

やたらと飲み会に誘いたがる上司、酒が入ると本気でうざい

あるあるです笑

やたらと飲み会に誘いたがる上司、まじで部下は嫌がってますから辞めましょう。大体わかりますよね?部下が嫌がってるかどうなかなんて。

それが分からないならイエローカードですよ?自分の性格は把握しましょう。酒が入るとどんな人間になるのか。

たまーにいますが、酒が入ると絡み癖があったり説教を始めたりしてませんか?それ、本気でウザがられてますよ。若い子達なんておっさん、おばちゃんと飲んでも楽しくないんです。例外はもちろんありますがね。

それなのに、やたらと誘うのはNGです。そして飲んでからの説教はNGです笑

さて上司あるあるはこんなところでしょうか?それでは、うざい上司の対処法、付き合い方について書いてみます。

うざい上司への対処法と付き合い方

bsOY151013290444

うざい上司がなぜストレスの原因になるのかというと、上司はあくまでも会社では立場が上なのは当然なので、簡単に言えば逆らえないんです

逆らえない、意見できないので物凄いストレスを感じるんですね。これは社会人で会社に勤めている人には分かるでしょう。

では、ストレスを溜めないために、気分をラクにするための方法を伝授しましょう。これらを実行しても効果がない場合は、最下部にて対策を書いておきます。

上司の立場、気持ちを考えてみる

まず考えないといけない事がこれですが、どういうことか説明していきましょう。

あなたがうざい、嫌い、合わない、うるさい、など思っている上司がいると仮定し、その上司はなぜそうなっているのか?を先に考える必要があります。

なぜなら、上司には立場と責任があるからです。もしかすると、あなたの為を思って厳しくしているのかもしれないし、見込みがあるからついつい厳しくしてしまうことも充分に考えられます。

上司の気持ちや立場を考えた結果、自分のための行動だと思えたら、その上司は素晴らしい上司ですね。それはあなたにプラスになるでしょう。

立場や気持ちを考えても最悪な上司だと思えるなら、その上司は保身や自分の評価のためだけに部下に厳しくしているのでしょう。

尊敬する必要はない!上司だと思わないようにする

誰を目標にするか、尊敬するかを決めるのは自分自身です。

仕事上の上司だからといって尊敬しなければならない!と決まりは無いですもんね。尊敬できない上司なら尊敬する必要はないし、無理に持ち上げる必要もないでしょう。

上司を上司だと思わないこと。これは割と効果があります。上司だと思わないことで気分が大分ラクになることも。さらに、上司だと意識しすぎることで上司からの評価が気になります。

評価を気にしすぎることで行動に変化が現れてしまい、嫌われたら出世できない、この人のことを嫌いなことがばれるとまずい、頭の中で考えていることが相手に伝わる場合もあるんです。

これを防ぐためにも上司だと思わないことが有効で、上司だと思わないことで言動や行動が自然になります。尊敬できない、心から嫌いだ、と思いストレスになるようなら上司だと思うのは辞めましょう。

お金、環境と上司を天秤にかけてみる

現在の状況を考え、上司から受けるストレスとお金や環境を天秤にかけてみましょう。

  1. 上司からのストレス<お金、環境
  2. お金、環境<上司からのストレス

1の場合、転職や退職は考えずに今のまま状態が好ましいでしょう。しかし、いつ逆転するかも分からないのでリスクは分散しておきたいです。

リスクの分散については下部にて説明します。2の場合は今すぐ、今後の退職や転職を考えたいところです。職場で受ける精神的なストレスは、期間が長くなると非常に体に影響を与えます。

完璧な上司なんて存在しないことを知っておく

そもそも完璧な人間は絶対にいません。

それは上司も同じです。あなたがもし、完璧な上司を求めすぎているのなら考えを改めないといけないのはあなたです。人間には必ず長所、短所があり、嫌いな相手は短所しか目に付かなくなってしまいます。

上司の短所ばかりを見ているのなら、それは間違いでしょう。もしかしたら長所を見つけてみることで上司への気持ちの変化が現れる場合もあります。

上司への対処法は以上になりますが、ここまで読んでも未だ上司への評価があなたの中で変わらない場合は以下を参考にして下さい。

上司がストレス!

ここまで読み進めてきたということは、あなたは上司が相当ストレスになっている可能性があります。

そんなあなたへの注意点をいくつか。

上司がストレスで会社を辞めたい、文句を言いたい!

ストレスが蓄積され限界がくると、辞めたい、転職したい、文句を言ってやりたい!なんて思考になるのは当然です。

だけど、一度冷静になってみましょう。退職するにも、文句を言うにも準備が必要ですよね。まず最初あなたがしなければならない事は、逃げ道を作っておくことです

具体的に説明してみます。

上司がストレスで退職する場合

上司がストレスになり、限界がきて退職するのは簡単です。でも、良く考えてみると嫌いな上司のために自分が人生を棒に振るなんていやですよね。

さらに文句を言った場合でも同じで、上司である以上会社内では自分の方が立場が下という現実は変わりません。揉めても損をするのは自分なんです。

以上のことを理解し、退職する前に文句を言う前に、しっかりと逃げ道を確保しておく必要があります。

自分の市場の評価を知る

あなたも社会に出てからいくつかのスキル、経験を得たでしょう。

そのスキルや経験を欲している企業は必ずあります、だけど、その経験、スキルがどんな企業で活きるのか、どんな企業が欲するのかは分からないですよね。

しかし、MIIDASを使うとそれらが一目で分かってしまうんです。あなたと同じ経験、資格、スキルを持った人間が、どれくらいの年収でどんな企業に勤めているのか?また、どんな企業が欲しているのか?を無料で調べることが可能です。

さらに、無料登録しスキルや経験、資格を入力することで企業からオファーを貰うことも可能です。

MIIDAS(ミーダス)

登録は無料なので、活用することをお勧めします。

転職、退職を考える

転職、退職を考えることは必須ですが、逃げ道を確保しておくのが間違いなく正解になります。

最寄の安定所の求人はもちろんのこと、ネットも活用した転職活動は欠かせない時代になりました。思わぬ求人が出ていることもあるので、大手の求人サイトは欠かせません。



大手転職サイトのリクナビネクストです。在職中に転職先を見つけ、逃げ道を確保しておきましょう。

上司からのストレスをガマンすることは辞めましょう

やっぱりストレスを長期的に感じることはダメです。

長期のストレスで精神的な病、体の変化を引き起こしてしまいます。嫌いな相手のために長期的に仕事を休むことは避けたいですね。

最悪な場合、うつ病などの精神的な病を患ってしまうことも。上司が本当にストレスになっているのなら、逃げ道を確保して退職、転職を考えてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク