どこの職場でも人間関係がうまく行かない。。そんな人の特徴と対策

bsshinbashi-gerodon20140921200241

良くある話ですよね。職場での人間関係がうまくいかなく、仕事に行くのが面白くない!

こんな状態で仕事に行き、ストレスを溜め続けることで、精神的な病を患ってしまう場合もあります。さらに、

1つの人間関係がうまく行かないことで、別の悩みを作ってしまうことも珍しくはありません。

それくらい大事な人間関係ですが、なぜうまくいかないのでしょうか?まずは人間関係がうまく行かない人の特徴を考え、自分に当てはまる点はないかチェックし、その後はどうすればいいのか考えてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

人間関係がうまく行かない人の特徴と原因は?

人間関係がうまく行かない人には共通点があるように思います。

僕自身、転職をくり返すこと20以上ですが、その中で見てきた、人間関係で問題を起こす人の共通点を書き出してみます。その共通点から自分の行動もチェックしてみると、思わぬ原因や改善点も見えるかもしれません。

加点方式ではなく減点方式の人

仕事をする上で相手に対する評価は加点方式を勧めます。

100点の人間はいないことを最初で覚えておきましょう。最初で相手に100点をつけてしまい、悪いところを見つけて減点していくと、不思議なもので悪いところだけ見えてしまうんです

意外に多い事例なんです、これ。最初で大きな期待感を勝手にもってしまい、相手の悪いところを見つけるたびに「期待を裏切られた!」と勝手に怒りをあらわにする人もいるんです。

もし、自分に当てはまる部分があるのなら、今すぐ加点方式で考えてみましょう。最初で0点だと思っておけば、良いところを見つけるたびに相手の評価は上がっていきます。

大事なのでもう一度、仕事の上での相手の評価は加点方式をお勧めします

自分の意見は絶対に間違ってないと思っている人

良くいますよね、こういう人は。

そして、このタイプは人間関係をスムーズにすることが出来ないことを皆さんも知っていますよね。自分の意見、考えは絶対に正しいと思い、他者にまで価値観を押し付ける人間です。

人間は育った環境、付き合ってきた人間で考え方はそれぞれ違い、100%同じ思考の人間は存在しないのです。自分の意見に誰しもが納得するかといえば、そうではないんですね。

人間の価値観は簡単には変わりません。強く感動したり、人生観を変えられるほどの出会いがない限り人間は変わらないんです

参考:人は変えられない事を理解しておかなければ「人間関係」はダメになる

人の意見や価値観を変えようとすることで、相手と深い溝をつくることになります。自分の意見や価値観が100%正しいなんて思っている人間は、人とのコミュニケーションが取れず孤立していくでしょう。

自分が可愛く全てを周りの責任にしている人

これは特に管理職の方は気をつけたいですね。

自分で責任をとれずに部下のせいにしてしまったり、業者、その他周りに責任を押し付ける人間は、人間関係がうまく行くはずがないですよね。当然です。

自分の悪いところを見つけ、改善していくことで人間は成長していきます。それなのに、全てを周りのせいにしてしまうと、自己の悪いところが見えなくなってしまうんです。

自分の悪いところを見ないフリし、他人に責任を押し付けず、しっかりと向き合って改善していきましょう。

自分の周りには冷たい人間が多い、嫌な人間が多いなんて思ってる方は、本当にそうなのか見直してみる必要がありそうですね

八方美人の人

八方美人は最悪ですね。

しかし、八方美人は世渡りがうまかったりするから厄介で、人間関係をややこしくするのも八方美人だったりします。

覚えておきたいことですが、会う人全てと良好な関係を持つことは不可能です。八方美人は人から嫌われたくない人の究極系とも言えます。つまり、嫌われる勇気のない人です。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

新品価格
¥1,620から
(2015/12/21 17:52時点)

しかし、八方美人こそ最後は1人になるパターンも多く、全員の意見に共感の姿勢を見せ、あくまでも中立を主張した結果、全員から化けの皮をはがされ1人になってしまうことも。

人の顔色を伺いすぎるとロクなことにならないので注意。

ネガティブ、否定的思考の人

自分自身で相手に悪い印象を与えていることは割と多いです。

特に自分に自信が持てず、マイナス思考になっていたり、ネガティブな意見ばかり発言していると周りから距離を置かれます。

他者の視線が非常に気になり、小声で話している人をみかけると「私のことを話しているんじゃ…」とか「自分の悪口なんじゃ…」と考えてしまう人です。

そんな事を意識しすぎるあまり行動や思考に影響し、相手との関係がギクシャクする場面を何度も見てきました。

このパターンはネガティブ、マイナスに考えすぎ、被害妄想すら持ちます。そして、勝手に怒っていたり、落ち込んでいることもしばしば。何ともめんどくさい。

他者から付き合いずらいイメージを持たれると、人間関係をうまく行かすことなんて出来ません。ポジティブでいろとは言いませんが、過度なネガティブ思考は避けたいですね。

プライドが高すぎてメンツや周りからの評価を意識しすぎる人

プライドを持って仕事をすることは非常に良いことです。

しかし、プライドが高すぎると人間関係がうまく行かない原因にもなります。プライドが高すぎて周りからの評価が気になる、周りからの評価が気になるのでメンツを気にしすぎる、こういう方が多いように思います。

こうなってしまうと他者の意見を聞き入れられないだけでなく、助言も取り入れることが出来なくなってしまいます。そして助言も次第に減っていきます

会社に身をおく以上、確かに上司や部下からの評価は大事かもしれません。だけど、それを気にしすぎるあまり本末転倒な結果になっている人は非常に多いです。

周りの目や評価を気にしすぎることで、人間関係がスムーズに行かないこともあることは頭に入れておきたいですね。

人間関係がうまくいかな人の特徴 その他

大まかにはこれくらいですが、多少みかける事例がいくつかありますので挙げておきます。

  • 付き合う距離感を間違っている人
  • 感謝の気持ちがもてない人
  • 人付き合いに苦手意識をもっている人

これらも良くある事例なので覚えておきましょう。

さて、人間関係がうまく行かない人の特徴を挙げてみましたが、当てはまる点があったでしょうか?

自分をもう一度見つめなおし、悪い点は改善していくことで円滑な人間関係を構築する事につながります。ここからは自分の悪い部分は改善したけど、人間関係がスムーズに行かない場合について考えてみましょう。

人間関係がうまくいかない場所

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-SSK_minatabokkowosururetoribar-thumb-1000xauto-13921

一口に人間関係がうまくいかないと言っても、それは職場だったり家庭であったり様々でしょう。

そうは言っても仕事上が主だったりしますがね。

家庭内の人間関係がうまくいかない

家庭内の人間関係がうまくいかない場合、どんなことを想像するでしょうか?

子連れでの再婚、二世帯住宅、相手が子連れでの結婚、色々な環境がありますよね。子連れでの再婚関係は、僕自身が経験していますが非常に大変です。

この場合、家族間でしっかりと話し合うことが最優先で、それでも解決しない場合は相談機関などに相談するのが良いでしょう。

1番の解決策は家庭内で話し合いをすることですが、その際にしっかりと自分の思っていることを相手に伝えましょう。伝えないことには何も始まりません。

会社、職場の人間関係がうまくいかない人は転職を

会社内や職場での人間関係がうまく行かない場合、転職を視野に入れておくことをお勧めします。

というのも、ストレスを長期的に溜め込んでしまうと精神的な病になってしまったり、疲労を溜め込んでしまい不明熱なども引き起こします。転職を考えるほどのストレスでは無くても今後、大きなストレスの原因になる可能性は充分にあります。

転職する場合は自分の価値を確認しよう

転職をしようと考える人も、考えてない方もMIIDASで自分の市場価値の確認ができます。

MIIDAS(ミーダス)

自分のキャリアやスキルはどれくらいの価値があるのか、そして同じようなキャリア、スキルを持った人たちがどれくらいの年収を得ているのかを調べることが出来ます。

割と面白いので是非、試してみてください。


さらに、転職を考える場合、最寄の職業安定所の求人はもちろんのことですが、ネットを活用した転職探しも忘れてはいけません。

リクナビNEXT
【ハタラクティブハケン】

いずれも登録は無料なので、仕事をしながら転職先をみつけるのに適しています。

その他、病気、性格などで人間関係がうまくいかない

この場合は、しっかりと病気や障害を治療することが先決でしょう。

もし、精神的な病をすでに患っているなら一刻も早く退職することをお勧めします。精神的な病は環境の変化がなければ治すことは中々難しいとも聞きます。

その場から早く逃げることを考えてください。

性格に関しては、自分で変えようと本気で思えば変えられます。後は自分との闘いになるので、「変わりたい!」という強い気持ちをもって自分に打ち勝ちましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク