「嫌なことから逃げない」は大きな間違いです。

良くある話ですが、精神的につらく仕事を休むと「逃げた」と言われる。

人間関係も同じで、合わない人間、関わりたくない人、これらの人から距離を置くだけで「逃げた」と言われる。

本当に気持ち悪いですが、これが今の日本の現状ですよね。

日本人というのは精神論が大好きで、頑張れば感動がある、壁には立ち向かわなければならないの。そんなものは精神論が好きな人たちだけやっていれば良いと思う派です。

先に言っておきますが、逃げたら負けということではありません。もし、逃げることは負けなんて思っている方は、今すぐ考え直す必要すらありますよ。

逃げるのは「悪」でも無いし恥ずかしい行為でもありません。戦略的に「逃げる」ことは大事なことです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「嫌なことから逃げない!」は間違っている

良く耳にする「嫌なことから逃げるな」は間違っています。

そもそも、人の人生に口を出すこと自体が間違っていると思いません?それなのに、人の人生に口出して「逃げるな!」なんて正直、気持ち悪いにもほどがあります。

とはいえ、全てから逃げていたら社会人としてやっていけない場合もあるにはあります。でも、大人、子供問わず嫌なことははあるでしょう。

嫌なことからは逃げてもいいんです。少しくらいの嫌なことではなく、本当に嫌なことからは逃げまくって良いですよ。

戦略的な逃げを活用しよう!

「逃げる=負け」じゃないんですよ実は。

戦略的に逃げることは、むしろ自分にとってプラスになります。どうしても嫌なことがあって逃げずに我慢した結果、精神的に参ってしまうことも珍しいことではないですよね。

その場で「逃げ」を選択しなかったために、精神的にも肉体的にも弱り、長期間の休養を必要とする場合もあるんです。

これこそ「負け」ではないでしょうか?周りの精神論に惑わされてはいけません。昔ながらの精神論を信じ、逃げることは恥、逃げたら負けなんて馬鹿げています。

我慢して頑張った結果、精神的な病、肉体的な病を発症することになり長期休暇を余儀なくされたら本末転倒。実際に私自身が経験済みです。

疲れがピークに達し、同じく疲労もピークに。そうして原因不明の病気を発症し長期の休暇が必要になった経験があります。

逃げることは負けではありません

逃げる事は決して「負け」では無いのです。

本当の負けとは逃げずに戦った結果、精神的な病になってしまったり、肉体的に大きな怪我をしてしまうことが負けです。つらい時、逃げたいときは戦略的な「逃げ」が必要です。

結局、自分を守れるのは自分なんです。今の世の中、自分のことで精一杯で誰かを助ける余裕がある人の方が少ないですよね。これは時代の流れなのでしょうがない事ですが。。

戦略的な逃げは自分の身を守る方法の1つなので、自分だけは自分を許してあげれ「逃げ」の選択も考えてみましょう。

その選択肢は負けなんかじゃありません。

それでも間違った逃げもある

前述しましたが、全ての物事から逃げてもいいとは限りません。逃げて良い状況、逃げてはいけない状況の判断が大事です。

逃げても良い状況とは

  • 自分の未来がダメになりそうな場合
  • やり遂げても自分の成長が見込めない場合
  • 努力した結果でダメだった場合
  • 自分にはどうしても解決できない場合

努力もせず、ただ「嫌だから逃げる」というのは本当の逃げになっちゃいます。乗り越えられることから逃げていては成長できないという現実もあります。

大事なのは逃げる場合の判断です。上述した事はしっかりと頭に入れておきましょう。

「逃げる」事は選択肢の一つです

逃げるという行動派選択肢の1つなので、恥ずべき行為ではないんです。

その選択、判断をするのはもちろんあなたなので、他人に指摘される筋合いもなんです。それでも勝手にとやかく言ってくる人がいるのも現実ですがね。

選択肢の中で最悪なのが「つらいけど我慢」で、これは最悪の結末を招いてしまいます。上述した精神的、肉体的な消耗につながります。

他者が言う「逃げたら負け」なんて言葉は、自分の身に降りかかってないから言える言葉です。これを真に受ける必要はありません。

せっかくの選択肢のひとつ「逃げる」という選択肢を忘れないで下さい。ゲームですら逃げる選択肢は作られているのですから。

精神的に限界が来た場合、耐えられないくらいのストレスを抱えた場合は、尻尾巻いて逃げてしまいましょう。それが最良の選択です。

後の事は冷静になってから判断すればいいんです。

逃げる場合も戦略的に

逃げたい場合の多くが仕事関連でしょうか。

逃げる場合も戦略的な逃げが必要で、生きていく上での最低限の生活はしなくてはなりません。

現状の足元をしっかりと確認し、最低限生きて行けるだけの環境を整えることが大事です。現代は転職先もネットで検索できる時代になりました。

大手天職サイトリクナビNEXT

をはじめ、MIIDASが転職すべきタイミングを見出します!などの、あなたの市場価値を確認できるサイトもあります。

これらは無料で転職できる重要なツールになりえますので、しっかりと活用していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク